みんなで分け合えば、できること。
目の前の光 すべて愛
薔薇とパンダと苺とわたし
<< ちゃいますのん? : main : 嫌われ松子の一生 通常版 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- : - : - : スポンサードリンク :
ゆれる
評価:
オダギリジョー,香川照之,伊武雅刀,新井浩文,真木よう子,木村祐一,ピエール瀧,田山涼成,西川美和
バンダイビジュアル
¥ 3,080
(2007-02-23)
感想書くの難しそう。お酒飲んじゃってるし。
ネタバレするかもなので要注意。




タイトル通り、心揺さぶられる映画でした。
この歳になると、家族モノってほんとにホントに色々クるんです。

現場をつり橋に設定してるのが、上手いというかなんというか。
家族の絆ってまさにつながってると分かってても不安定で危ういんですよ。
信頼とか尊敬とか愛しさとかコンプレックスとか、お互いに色んな感情持ってるんだろうに、近しいが故にそれについて腹割ってあまり話すこともなくて、でも分かってるつもり、分かってもらえてるつもりでいて。
だから自分の知らない一面見せられたりしたら、”裏切られた”って感情が湧くかもなー、と自分の兄弟のこと考えても思ったりします。
なんか家族に対しては我侭な甘えを持っちゃうんですね。
”私が何も感えず幸せであった頃の家族のままでいて欲しい”って。
大人になりきれてないんだろうなぁ。なんてジコチュー。

あー、何書いてるのか分からなくなってきた・・・。

とにかく、↑みたいないろんな事を考えさせられる映画でした。
ラストはえー!と一瞬びっくりしましたが、私的には納得できるものでした。
これは人によっては解釈の仕方が変わってくるのかな?
オダジョも香川さんも演技すばらしかったです。
見てると身につまされてツライくらいに。
さらにすごいのがこの西川美和さんて方、原案・脚本・監督ですって。
なんかもう、すげぇ。

オススメ映画です。
重いけど。
MOVIE : comments(0) : trackbacks(0) : かをる :
スポンサーサイト
- : - : - : スポンサードリンク :
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://spicexk.jugem.cc/trackback/1454
トラックバック